「ほっ」と。キャンペーン

低温火傷のその後

e0136815_1615154.jpg

かさぶたになってます。

カッチカッチの分厚いやつ。

お風呂に入ると、グニョグニョにふやけて、気持ち悪くなるよ〜(^O^)
その時の色は、こんなに黒っぽくなく、
黄緑?黄色?緑?のような、「青っぱな」の色になります。

風呂上りは、アッキーが臭いに来るので、きっと臭いのかと予測される。
いまにも、ベロリンチョッってされそうなので、
「ダメよーそこはダメーよーー」 っといい聞かせている。

病院は、随分前に、2日に1回来てくださいと言われてから、
行く暇がなく、寒いしね~
なんとなく大丈夫そうよっと思って、ずっと行ってなかったけど、
そこそこに回復中!
[PR]

by pokkunnnj | 2010-12-28 16:15 | 低温火傷 | Comments(10)

Commented by loveletterjunkone at 2010-12-28 22:01
あーーーん。
私なら、端っこからカリカリめくってしまいそー。
ふやけてるときも、こすってしまいそー。

そうそう。こういうかさぶたの臭いって、
臭いんだけど、癖になるニオイなんですよね~(汗)
アッキーの気持ちがわかるううう。
私も嗅ぎたーーい。はがしたーい。笑(私って変かしら?)

うんうん。二日に一回は、ちと面倒くさいね。
でもでも、キレイに治すためにも、
そろそろ、行ってください~~~
Commented by プリンのママ at 2010-12-29 22:37 x
だいぶん直ってきたみたいですね。
分厚いかさぶたが、やけどの深さをものがたっています。。。
低温やけど‥侮れませんね~(・ ・;)
ほんと病院は行ってくださーーい。
Commented by キキコ at 2010-12-29 23:08 x
わあ、すごいことになってる;;
大丈夫???な訳ないですよねえ(涙)
化膿しないように、お祈りしています(^^)
ことしもたくさんの元気をありがとうございました。
すこし早いのですが。
来年もよろしくお願いします~♪
ポッキーちゃん、アーズちゃん。
パパしゃん、ママしゃん。
本当にありがとうございます(^^)
よいお年をお迎えくださいねえ~♪
Commented by pokkunnnj at 2010-12-30 11:29
★loveletterjunkoneさんへ
へへへっ~めくってしまいそうなんだけど、
場所がだいぶ下の方なので、
意外と手がそちら方面には行かないので、
いまのところ大丈夫~まだ掻いてませーん!
膝とかだったら、カリカリしちゃってるだろうけど・・・
そして臭いも、自分では、簡単に匂えないところだから、
まだ、匂ったことないですよ~~

この状態では、もう病院は卒業でいいんでないの?
って思ってるんですけど・・・?
実際、最後に行ってから、随分、日にちが経ってるので、
行きにくいのよーーー!!
じゅんこねぇさん、ありがとーぉ!
Commented by pokkunnnj at 2010-12-30 11:32
★プリンのママさんへ
そうそう、最初のあの、グジュグジュの時を思えば、
もう治ったも同然ですよねーーー!
周りから、皮膚がもってきて、
ちょっと年輪のような模様になっています!
まだ、病院へ行くべし??
きっとね、もう大丈夫のような気がするんですけど・・・
って、前に行ってから、日が経ちすぎて、行きにくいのも
あるんですけどね(笑)
プリンママさん、ありがとう!!
Commented by pokkunnnj at 2010-12-30 11:45
★キキコさんへ
実は、これ、湯たんぽで、11月に低温火傷したものなんですよー
火傷したときは、可愛い水ぶくれでしたが、
それが潰れ、11月の後半には、潰瘍になって、
化膿して、エゲツナイことになってたんです~
これでも随分、治ったんですよ~~(笑)

今年は、レイチェルちゃんが、お星様になっちゃって、
とっても、悲しくて、寂しい思いで、
いっぱいいっぱいだと思いますのに・・・
コメントありがとうございます!!
これからは、お星さまのレイチェルちゃんが、
ママさんパパさん、バレリーちゃんにローラちゃん、アンドレアちゃん、桃太郎くん、ご家族みんなの幸せを
見守ってくれるから、たのもしいですねっ!!
来年は、また、ドッグランで会えるといいですね~~!
こちらこそ、よろしくお願いしまーす!
キキコさんも、よいお年をお迎えしてくださいねっ!
お正月は、レイチェルちゃんが、帰ってきますね~~っ!!
Commented by 2106Racing at 2010-12-30 14:53 x
初めまして。火傷と聞いてやってきました。
多分病院へは行っていないんですよね?
それは瘡蓋(カサブタ)でははなく黒色壊死ではないかと思います。

今は、火傷には「絶対に消毒をしない」「水道水で患部を洗う」「乾かさない=潤わせて治す「湿潤療法」(モイストヒーリング)と言う最新の治療方が主流になりつつあります。

湿潤療法とは従来の治療(傷を傷める消毒+ガーゼ+抗菌クリーム軟膏)とは全く逆の治療法で、傷面から出る滲出液には皮膚を再生させる成長因子がたくさん含まれる事が判って、その液を傷面に潤わせて早く治すと言うものです。

実際に早くきれいに治る事によって、この治療法に切り替える病院も増えてきましたし、テレビ等でも最近は連続で「最新の医療の常識」として特集されるようになりました。

湿潤療法についてはこのサイトが超有名です。
http://www.wound-treatment.jp/
これは、湿潤療法を立ち上げた茨城県の石岡第一病院の夏井睦医師のサイトで、全国で湿潤療法を行っている医師の教科書となっています。
Commented by 2106Racing at 2010-12-30 14:55 x
<文字数の制限により続きを書きます>
11月19の写真のような水疱が出来る浅達性Ⅱ度程度の火傷はご自分での処置で治癒する事も多いですが、低温火傷は通常の火傷とは違って時間をかけて受傷しており、見た目は水疱が出来る浅達成Ⅱ度レベルに見えても実際には深達性Ⅱ度~Ⅲ度の深い火傷になる事が多いので、湿潤療法でも低温熱傷に熟知した医師の治療を受けた方が確実です。

夏井先生のサイトより低温火傷の説明です。
<低温熱傷はなぜ深くなるのか?>
http://www.wound-treatment.jp/wound151.htm
<低温熱傷の症例,及び,植皮術について考えること>
http://www.wound-treatment.jp/wound046.htm

湿潤療法の病院による低温火傷の治療例です。
<東京都 柿田医院>
http://www.kakita-clinic.com/heisa5.html
<岡崎三田病院・中澤整形外科>
http://www.jhn.or.jp/motoyama/newpage30.html
http://www.jhn.or.jp/motoyama/newpage23.html
http://www.jhn.or.jp/motoyama/newpage19.html
http://www.jhn.or.jp/motoyama/newpage24.html
Commented by 2106Racing at 2010-12-30 14:57 x
<再び続きです>
これらの低温火傷は湿潤療法でなければ殆ど植皮となる事が多いです。
もちろん主さんの低温火傷の表面も黒色壊死しており、上皮化しないどころか感染症を起こして危険な事になる可能性が高いです。

ネットで「火傷 湿潤療法」で検索差売ればたくさん出てきます。
低温火傷はなめずにちゃんと調べる事をお勧めします。

大火傷経験者より。
長文失礼しました。
Commented by pokkunnnj at 2011-01-04 16:06
★2106Racing様へ
こんにちは。はじめまして。
ご親切にコメント、ありがとうございました。
火傷、怖いですね、今回、低温火傷になって、
患部が深く、びっくりしました。
なったことに、気が付かないことに、もっとびっくりしました。
私も医療機関に勤めておりますので、当初、
ディオアクティブとか貼って、湿潤療法にしようかと思ったのですが
やはり、一旦専門の皮膚科に行っておこうと思い、
皮膚科に行って、処置をしてもらった次第です。
処置内容は、傷口はテラジア軟膏、
傷周りの痒みがあるところはゲンタシン+デルモゾール。
あと、抗生剤等の飲み薬を頂きました。
ガーゼは傷口に引っ付かない、メロリンガーゼを使用。
えっ?今時、テラジア?この処置?とも思いましたが、
私には合っていたのか、そこそこに治りました。
もう、火傷はしたくありませんが、
今度なった時は、ご紹介いただいたサイトを参考に
してみたいと思います。
丁寧に説明くださり、ありがとうございました。